後頭部の薄毛が気になり始めたら行いたいこと

後頭部の臭いが気になる年齢だと、もう一つ気になってくることがあります。

 

薄毛ですね。

 

体臭や加齢臭は周りに迷惑を掛けるものなので、早急な対策が必要になりますが、薄毛は何か周りに悪さをするわけではありません。

 

そのため、気にならないのであれば、放置するという選択肢もアリだと思います。

 

でも、見た目がかっこ悪いし、正直なところ周囲の視線も気になりますよね。
何かにつけて、チラチラと後頭部に視線が飛んできては落ち着かないです。

 

そこで、後頭部の薄毛が気になり始めたら、対策として行えることをまとめてみました。

 

 

後頭部の薄毛対策5選

POINT

充分な睡眠を取る

 

仕事が忙しいなどの理由で睡眠不足になっていませんか?

 

寝不足になると、髪の毛にとって大切な成長ホルモンの分泌に影響を及ぼします。

 

人によって最適な睡眠時間というの異なるので一概にはいえませんが、最低でも6時間、可能であれば8時間くらいの睡眠は確保したいところです。

 

人によって6時間で大丈夫という人もいれば、8時間寝ないとダメという人もいるので、あなたにとっての最適な睡眠時間は何時間なのか、模索してみましょう。

 

栄養バランスに気をつける

 

健康的な食事は取れていますか?

 

朝はパンとコーヒー、昼は牛丼、夜はファーストフード。
そんな不健康な食生活になっていないでしょうか?

 

髪の毛は、毎日の食事から摂取する栄養で形作られていきます。
バランスを欠いた食事では、健康的な髪の毛を作ることはできないんですね。

 

食事のバランスが崩れている場合は、食生活を見直すことから始めてみましょう。

 

質の良い髪の毛を作るには、

 

  • たんぱく質・・・肉、魚、卵、大豆など
  • ビタミン類・・・野菜、果物など
  • 亜鉛・・・牡蠣、牛肉、チーズ、ゴマなど

 

などの栄養素が大切だといわれています。

 

いわゆる昔ながらの和食は、栄養バランスに優れた食事といえますね。
毎日の健康は毎日の食事から。ぜひ、実践してみてくださいね。

 

ストレスに気をつける

 

ストレスは万病の元ともいいますが、髪の毛にとっても良くないんですね。

 

具体的には、毛細血管の血流が悪くなり、髪の毛に充分な栄養が行き渡らないなどの影響が出てきます。

 

ストレスを全く感じずに生きていくことは難しいかもしれませんが、できるだけストレスを低減することが大事です。

 

  • 気にしても仕方がないことは気にしないようにする
  • 運動をする
  • 趣味に打ち込む
  • おしゃべりをして発散する

 

など、あなたなりのストレスを軽減する方法や、ストレス解消法を確立しておきたいところです。

 

できるだけリラックスして人生を楽しむということが大切になってくるんですね。

 

頭皮マッサージをする

 

後頭部が薄毛になるということは、頭皮の血行が悪くなっていることが考えられます。

 

頭皮マッサージをすることで、血流を良くするわけですね。

 

隙間時間で構わないので、後頭部を中心にした頭皮マッサージを行ってみましょう。

 

この時、爪は立てないように気をつけてください。指の腹を使って、頭皮を動かしてもみほぐしていきます。

 

千里の道も一歩から。
大変ですが、地道にコツコツ行っていくことが必要になります。

 

育毛剤を使う

 

頭皮環境が悪くなっていることも考えられるので、頭皮マッサージと合わせて育毛剤も使ってみたいところです。

 

育毛剤を使うことで、頭皮環境を正常に近づけ、髪の毛を育てる土壌を整えることができるんですね。

 

育毛剤は高価なものが多いので、金銭的に厳しいということもあるかもしれませんが、余裕があればぜひ実践してみたいところです。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

薄毛になる要因には遺伝も含めさまざまなことが考えられ、人それぞれで理由が異なることが考えられます。

 

そのため、いろいろ試してみて、根気強く原因を探っていくことが大事なのかもしれません。

 

その他にも、シャンプーの仕方が髪の毛に影響を与えることもありますし、毎日の生活習慣も大切になります。

 

あなたの原因を特定するのは難しいかもしれませんが、根気強く探っていくことが大事なのかもしれませんね。