頭や耳の裏から銀杏の臭いがする場合の対処法

耳の裏に手を当てる女性

 

「後頭部から銀杏のような臭いがするといわれた」
「耳の裏が銀杏みたいな臭いがするので気になる」

 

そんな悩みを抱えていませんか?

 

清潔にしているつもりでも、臭いが気になるとへこみますし、ましてや他者から指摘されたらショックですよね。

 

頭や耳の裏から銀杏の臭いがするというのは、どういったことが考えられるのかまとめてみました。

 

お風呂で念入りに洗おう

 

人間は、生きていく上でさまざまな臭いを発しているものですよね。

 

汗をかけば汗臭くなりますし、お風呂に何日も入らなければ、何ともいえない悪臭が漂ってきます。

 

ですので、まずは、体を清潔に保つことが大切です。

 

お風呂では、気になる部位を中心に念入りに洗っていきましょう。

 

ただ、綺麗にしたいからといって、力を入れすぎると皮膚を傷つけてしまうので、力を入れすぎないよう注意してください。

 

シャンプーや石鹸をしっかりと泡立てて、泡の力を最大限に発揮して洗っていきましょう。

 

頭や耳の裏から発生するニオイ

 

それでは、頭や耳の裏から発生するニオイはどんなものなのかというと・・・

 

考えられるのは、加齢臭ミドル脂臭です。

 

加齢臭は、頭や耳の裏、胸、背中などから発生するもので、名前の通り年齢を経ると共に気になってくるニオイです。

 

脂臭い、青臭い、枯れ草、古ぼけたタンスのようなニオイなどに例えられることが多いです。

 

銀杏のようなニオイと例えられることはあまりないですが、ニオイの感じ方や表現方法には個人差がありますので、そのように感じることもあるでしょう。

 

ミドル脂臭は、30代~40代くらいで気になってくるニオイです。

 

首の後ろや後頭部から発生するといわれていて、バターのようなニオイ、古い油のニオイと例えられることが多いです。

 

断定はできませんが、後頭部や耳の裏から発生する銀杏のようなニオイは、加齢臭やミドル脂臭である可能性があるんですね。

 

加齢臭やミドル脂臭については、こちらのページでもう少し詳しくお伝えしています。

 

対策方法についても紹介していますので、よかったら参考にしてみてください。