後頭部や頭頂部の臭いをなんとかしたい! 原因と対策は?

「頭の臭いが取れなくて、ほとほと困っている」
「頭皮からニオイがするといわれ、へこんでいる」

 

など、後頭部や頭頂部の臭いに困っていませんか?

 

毎日シャンプーをしているのに、頭のニオイを指摘されるのは本当に落ち込みますし、嫌になりますよね。

 

でも、実際に両手で頭皮に指を押しつけて、その指の臭いを嗅いでみると、「うっ」となってしまうことも・・・

 

どうして、髪の毛を洗っているのに臭いがしてしまうのか?
あなたも、悩んでいるのではないでしょうか。

 

なぜ頭が臭ってしまうのか、その原因と対策について、詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

周囲の人から「くっさー!」と言われないために…
よかったら、参考にしてみてください。

 

 

頭皮が臭ってしまう原因

女性の後頭部

 

考えられる原因その1:頭皮の皮脂の分泌量が多い

 

頭が臭う原因として、まず頭皮の皮脂の分泌量が多いことが考えられます。

 

特に、思春期を過ぎると、男性ホルモンの分泌が活発になり、その影響で皮脂の分泌量も増えることになります。

 

そうなると、どうしても頭皮の皮脂も増えてしまうことになるので、油クサイ感じがしてしまうんですね。

 

また、秋から冬にかけては気温が下がり、皮脂が頭皮に残りやすくなるため、結果としてニオイがきつくなることも考えられます。

 

なぜ皮脂の分泌量が多いのか?

 

では、なぜ皮脂の分泌量が多いのかについては、前述の男性ホルモンの他にもいくつか要因が考えられます。

 

食生活が乱れている

 

脂っこいものばかりを食べて野菜を食べなかったり、お菓子や糖類が多いものをたくさん食べたりするのはよくありません。

 

これらは、脂質や炭水化物を過剰に摂取することになってしまうので、たんぱく質やビタミン類などもきちんと摂れるよう、バランスの良い食生活を送っていきましょう。

 

ストレスが多い

 

仕事、家事、育児などに追われて、ストレスが溜まっていませんか? ストレスが溜まると交感神経が優位になり、頭皮の血行も悪くなります。

 

スムーズな循環が難しくなり、皮脂が滞りやすくなってしまうので、注意が必要です。定期的なストレス解消をしていきたいですね。

 

考えられる原因その2:ミドル脂臭

 

あなたは、ミドル脂臭という言葉をご存じですか?

 

30代~40代くらいになると気になってくるニオイで、マンダムが発見しました。

 

年を取ると発生する特有のニオイには加齢臭がありますが、この加齢臭とはまた違うものになります。

 

具体的にどんなニオイかというと、

 

「使い古した油のような臭い」

 

といわれています。

 

なぜそんなニオイがするのか?
その原因はジアセチルという成分にあります。

 

このジアセチルが古い油のようなニオイを発するわけですが、20代からこのジアセチルが少しずつ増え始め、30代後半から40代をピークにになります。

 

そのため、30代~40代になると、ニオイが気になってくるわけなんですね。

 

ジアセチルは、皮膚上の常在細菌が汗の中の乳酸を取り込むことでジアセチルへと変化していくため、やはり清潔に保つことが大事になってきます。

 

特に、頭頂部や後頭部、首の後ろがニオイを発生しやすいので、きちんと洗って清潔に保ちたいですね。

 

考えられる原因その3:加齢臭

 

あなたも加齢臭という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

年を取ると発生する特有のニオイで、40代~50代くらいになると気になってきます。

 

胸元、背中、ワキ、耳のまわりなどから臭いますが、頭からニオイがすることもあるので、頭が臭う場合は加齢臭が原因である可能性もあるんですね。

 

加齢臭の原因はノネナールという物質。
年齢を経るとともに増加してしまうので、若い頃には感じなかった「油臭い」「青臭い」そんなニオイを感じるようになります。

 

加齢臭の場合もミドル脂臭と同様に、お風呂やシャワーのときにきちんと洗って清潔に保つことが大切になります。

 

後頭部や頭頂部の臭い対策

シャンプー、石鹸、ヘアブラシなどのバスグッズ

 

丁寧なシャンプーを心がけよう

 

毎日のシャンプーは、髪と頭皮を生活に保つためにもとても大切ですよね。

 

シャンプーを行う際は、頭皮を洗うことがポイント。
髪の毛をなでるように洗っても、あまり意味がないので、頭皮の汚れをきちんと落とすことを心がけていきましょう。

 

まずは、お湯で髪と頭皮をしっかり洗って、あらかじめ汚れを落としておきます。
念入りに行うことで、シャンプーの泡立ちも良くなります。

 

お湯の温度は38度くらいがおすすめですが、熱い場合は無理をしないでください。

 

適量のシャンプーを手に取り泡立てます。
それから頭全体につけて、指の腹を使ってマッサージするように洗っていきます。
爪を立てると頭皮を傷つけてしまうので、気をつけましょう。

 

洗い残しがないよう、頭皮全体をまんべんなく洗っていきます。

 

その後は、泡残りがないよう、念入りにすすいでください。
すすぎがいい加減だと、取り除いた汚れが頭皮に残ってしまうので、しっかりすすいでいきます。

 

整髪料をつけている場合などは、泡立ちが悪いことがあります。
その場合は2度洗いを行いましょう。

 

生え際、首の後ろも念入りに

 

シャンプーをする際は、頭頂部から後頭部をしっかり洗うのは意識できるもの、首の後ろ、生え際の部分はおろそかにしてしまいがち。
首の後ろからも、ミドル脂臭の原因であるジアセチルが発生しやすいので、きちんと洗っていきましょう。

 

ここはシャンプーでもいいですし、ボディソープや石鹸で体を洗う時でもいいです。

 

どうせなら、頭を洗う時、体を洗う時、両方ともしっかり洗いたいところですね。

 

2回洗うことで、より強固な臭い対策を行うことができるでしょう。

 

さらに念入りに対策を行うならアジカがおすすめ

アジカの商品とパンフレット

 

上記の方法で、後頭部の臭い対策は行うことができるのですが、より万全の対策を行うなら、ボディソープのアジカをチェックしてみることをおすすめします。

 

というのも、あなたが現在お使いのシャンプーやボディソープは、体臭に特化したものではないと思います。

 

もちろん、一般的なものでも体を清潔にすることができるので、臭い対策にはなるのですが、どうせ洗うなら、より効果的なものを使いたいところですよね。

 

アジカというボディソープは、その点、ニオイケアに非常に優れているんですね。

 

具体的には、

 

ミドル脂臭の原因であるジアセチルを99.931%除去

 

してくれます。

 

つまり、アジカを使うことで、ミドル脂臭の原因を根こそぎ落とすことができるんですね。

 

その他にも、

 

加齢臭の原因であるノネナールを99.880%除去
汗臭の原因である酢酸を99.998%除去

 

など、効果的な体臭ケアをすることができます。

 

市販の石鹸やボディソープでは、ここまで落としてくれるかどうか正直わかりません。
アジカに切り替えることでニオイの悩みを解決し、悩みのない毎日を送ることができたら嬉しいですよね。

 

アジカがどんなアイテムなのか、少しでも気になったら、詳しいレビュー記事があるので、よかったらこちらもチェックしてみてください。

 

【詳細口コミレビュー】AGICA/アジカ感想体験談